淡路島の摩利支天尊 しだれ梅 おすすめ花めぐりの観光スポットのご紹介

淡路島 摩利支天尊 しだれ梅|南あわじ市神代浦壁 - 淡路島WEB「あわじウェブドットコム」

HOME > 淡路島観光おすすめスポット > 摩利支天尊 しだれ梅

スポンサーリンク

摩利支天尊 しだれ梅

摩利支天尊しだれ梅
摩利支天尊しだれ梅

しだれ梅の甘い香りが境内に漂いとても心地いいです。
今は、しだれ梅の穴場の観賞スポットとなっています。
摩利支天さまへのお参りとしだれ梅の観賞がセットで楽しめます。

 摩利支天は、古代インド神話の暁の女神・ウシャスが起源で、陽炎や日の光が神格化された神です。
 自在の神通力を持つとされています。そのため、姿は見えなくても常に身近で陽炎の如く人々を護る護身の神として人々から(忍者や武士・力士からは必勝祈願の神として)信仰を集めました。

エリア名称&開設期お問合せ先等
南あわじ市摩利支天尊 しだれ梅
2月下旬~3月上旬
求願寺 TEL 0799-42-4059
南あわじ観光案内所 TEL 0799-52-2336

摩利支天尊しだれ梅
摩利支天尊 しだれ梅

摩利支天尊しだれ梅
摩利支天尊しだれ梅

摩利支天尊しだれ梅
摩利支天尊しだれ梅

摩利支天尊しだれ梅
摩利支天尊しだれ梅

摩利支天尊 しだれ梅 募金箱
摩利支天尊 しだれ梅 募金箱

摩利支天尊由来
摩利支天尊由来

摩利支天尊本堂
摩利支天尊本堂

摩利支天尊本堂内
摩利支天尊本堂内

スポンサーリンク

概要

所在地

〒656-0452 兵庫県南あわじ市神代浦壁85−1

開花期間

毎年2月下旬から3月上旬の間20日間位が見頃ですが、温度の高低で多少のずれがあります。

花期

2月下旬から3月上旬の間20日間位が見頃です
一番の見頃は、3月上旬頃がみごろとなります。

摩利支天尊 御利益

交通安全、商売繁昌、作物豊穰、漁業豊穫、進学就職合格、病気平癒、障難除滅

施設

休憩ベンチ、水洗トイレ

管理体制

寺院の境内の中にある為マナー厳守です。

入場料金

無料でご覧頂けますが、維持管理費用の為に募金箱を設置しております。皆様の善意の寄付をよろしくお願い致します。

駐車場

無料でご利用頂けます。約4台ほど

アクセス方法

>>淡路島への交通アクセスガイド
しだれ梅タクシーご利用の場合 >> 鳴門タクシー

観光周辺情報

八木のしだれ梅(村上邸)
広田梅林ふれあい公園
鳴門のうずしお観潮船遊覧
淡路ファームパーク イングランドの丘
淡路島牧場
淡路人形浄瑠璃館
南あわじ市滝川記念美術館 玉青館

アクセスマップ


スポンサーリンク

最終更新日:2023-09-08 (金) 09:35:38

powered by HAIK 7.6.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional