淡路島(南あわじ市・洲本市・淡路市)の観光、海水浴場、キャンプ場、温泉、交通、グルメ、宿泊(ホテル、民宿、ペンション)、イベント、釣り情報満載の淡路島ポータルサイトです!

淡路島の七福神めぐり 万福寺(恵美酒神) - 淡路島WEB「あわじウェブドットコム」

HOME > 淡路島の七福神めぐり紹介 > 万福寺(恵美酒神)

スポンサーリンク

淡路島の七福神めぐり 万福寺(恵美酒神)

スポンサーリンク

エリア寺社名称お問合せ先等
南あわじ市万福寺(まんぷくじ)TEL:0799-54-0244
万福寺 全景恵美酒神
万福寺
万福寺恵美酒神恵美酒神 瓦
恵美酒神律義の神
御真言なむえびすたいじん
御詠歌釣り上げし鯛を宝とだきかかえ
笑う恵美酒神は福徳の神
概 要 えびすさまの左手の鯛は「めでたい」のたい、一般には「芽出る」の意味があります。
 若芽がやがて大樹になるように、何か良くなる“兆し”(きざし)を芽出たいとなりました。
 今いろいろと叶えてほしい希望や悩み。その「何とかして解決を」と努力する姿こそが幸福への芽であり、めでたいのです。右手の釣り糸一筋は礼儀を重んじ、迷いなく人間らしく一筋に生きぬけとの示唆です。
縁 起 宝亀年間(770~)淳仁天皇の御陵と、御母当麻夫人の墓守を勤める僧侶の宿坊として創草されましたが、時代の変遷とともに、しだいに廃退していきました。
 応永年間(1394~)になり、当地に館を構えた賀集氏により堂宇を再興し、御陵の安穏と民衆の安泰を祈念する寺院として今日に継承されてきました。本尊の大日如来像二対合祀する須弥檀は、非常に貴重な様式です。
営業期間通年
時間8:00〜17:00
休日無休
所在地兵庫県南あわじ市賀集鍛冶屋87-1
>>淡路島への交通アクセスガイド
駐車場駐車場あり30台(無料)
料金境内自由、拝料200円
観光情報水仙郷めぐり(12月下旬〜2月下旬)南あわじ市滝川記念美術館 玉青館鳴門のうずしお観潮船遊覧淡路人形浄瑠璃館淡路ファームパーク イングランドの丘淡路島牧場

アクセスマップ


より大きな地図で 万福寺 を表示

スポンサーリンク



最終更新日:2016-04-09 (土) 14:17:53

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional